banner

最短法人設立

法人設立は最短1日でできる

最短で法人設立をするのには、どれくらいの日数がかかるのでしょうか。手続きについてですが、これは頑張れば1日で終わります。合同会社の場合には、手続きと言っても登記申請をすれば良いだけですから、不可能ではないでしょう。株式会社の場合には、認証の手続きを行い、資本金の払い込みをした後に登記申請を行います。この場合には、1日で済ませることは無理ではありません。ですから、手続きは1日で終わらせることができると考えられます。

ただし、これは下準備が全て終わった段階からの話です。会社組織に対する具体的なイメージが全てできあがっているということが前提となります。むしろ、法人設立で時間がかかるのはこちらの方だと言えるでしょう。具体的なイメージを作り上げれば、それに沿って定款を作成していくこともできます。定款を作成しながら構想を考えていくというのも良い方法です。

法人設立をするための期間は、それぞれの状況によって異なります。例えば、場所を確保するために賃貸オフィスを利用しようと思ったときには、まず賃貸オフィスを探さなければなりません。この時点では法人設立が完了していませんから、個人で探して、そして設立後に法人として契約をするという手段を執らなければならないのですから、これができる物件を探すことは必要だと言えるでしょう。これに時間がかかることもあります。

出資者が複数いる場合にはさらに時間がかかる可能性があるでしょう。出資者の全員が、いつでも時間をとることができるのなら難しくはありません。しかし、色々な調整をしなければなりませんから、意外に時間がかかるものです。余裕を持ったスケジュールを立てておくべきでしょう。

もう一つ考えておかなければならないのが完了日です。登記申請を行えば、その日が法人設立の日になるのですが、実際には完了するまでに2週間くらいかかることもあります。完了しないことには登記簿謄本をとる事ができませんし、印鑑証明をとる事もできません。これがないと契約を結ぶことができませんから、業務を進めていくことは難しいでしょう。

法人設立の手続きを急がなければならないこともあるとは思いますが、急いで不備があると将来的に不具合が生じる可能性があります。ですから、時間的には余裕を持っておいたほうが良いでしょう。書類に誤りがあればもう一度提出しなければならない事もありますから、このような事にならないように注意することも必要です。

Copyright(c) 2014 法人設立は簡単に設立できますAll Rights Reserved.