banner

法人設立の手続き

法人設立の手続きのフロー

法人設立をするときには、まずどのような会社を設立するのかを決める事が必要ですが、そのためには定款を元に考えていくのが良いでしょう。定款を作成しながら基本的な事を決めていくというようにすれば、一通りのことを決めることができます。ですから、テンプレートとして公開されている定款などを参考にして、よく考えながら作成することが必要です。

株式会社として法人設立をする際には、作成された定款に対して認証を受けなければなりません。公証人役場に出向いて行うのが一般的です。このときには定款とともに印鑑証明をとる事が必要となります。出資する人が複数にわたる場合には、代表して誰かが行く事もできますが、その際には委任状が必要となります。合同会社として法人設立をするときには、認証の手続きは必要ありません。この分だけ合同会社設立の手続きは楽になると考えられます。

認証が完了すれば、次に出資を行います。金融機関のサービスを利用するのも良いですが、個人の口座に振り込むという形をとったほうが楽でしょう。資本金を振り込んでもらい、通帳記帳をした後にコピーをとります。講座の情報が分かる部分と、振り込まれたことが分かる部分との両方をコピーします。

次に取締役や監査役などの選任を行う事が必要となります。定款で色々な役員を定めているときには、選任することが必要です。そして、選任したことを証明する書面を作成することも必要となってきます。定款で代表取り締まりを定めていない場合には、設立時代表取締役を選任することが必要となります。

ここまでの手続きが終われば、次は会社登記申請書を作成します。作成した書類は法務局に提出することになります。これで受理されれば問題なく法人設立ができます。このようなフローになっていますが、もっと簡単に言えば、定款の認証の後に出資金を払い込み、そして登記申請をするというフローになります。この順は覚えておきましょう。

定款の認証日以降に出資金を振り込まなければならないと定められていますから、もしも認証日よりも前に振り込んだ場合には、その通帳のコピーでは認められません。もしも先に振り込んでしまった場合には、口座から出金して、改めてもう一度振り込まなければならないという面倒なことになりますから、振り込む日を間違わないように注意しましょう。なお、認証人同じ日に振り込まれているのであれば、これは問題はありません。

Copyright(c) 2014 法人設立は簡単に設立できますAll Rights Reserved.