banner

郵便局の口座を活用

法人設立に郵便局の口座を使う

法人設立の手続きを進める上では、出資をしてもらう事が必要となります。資本金を集めることが必要となるのですが、この場合には銀行口座に振り込むのが一般的です。現金で集める事ができないわけではないようですが、口座に振り込みをするという形をとる場合が多いと言えるでしょう。

なぜ口座振込を利用するのかというと、出資してもらったことを証明しやすいからだと考えられます。通帳のコピーをとれば、それで証明することができますから、分かりやすいという理由があるからだと推察されます。かつては、銀行や信用金庫の口座を利用しなければならず、郵便局の郵便貯金の口座では利用できませんでした。しかし、郵政民営化によって、民間の銀行としてのゆうちょ銀行が発足したことによって、郵便局の口座でも利用できるようになりました。

法人設立の手続きをする段階で振り込んでもらうわけですから、この時点ではまだ法人の口座は作ることはできません。ですから個人の口座に振り込んでもらう事になります。この際に、新たに口座を開設するという人もいますが、すでに使っている口座でも問題はありません。最寄りの金融機関がゆうちょ銀行の場合には、すでにその口座を個人で持っている事も多いでしょう。このようなときには、その口座を使って振り込んでもらうこともできます。

法人設立の資本金払込では、誰が出資したのかを明確にしておくのが良いと考えられます。そのためにわざわざ振り込みという手段を執るわけです。ですから、出資する人は、振り込みをするときにフルネームで氏名が分かるようにするのが良いです。出資者が複数いる場合には、このようなことについても注意しておかなければならないでしょう。

法人設立をしたのちには、業務を行うために法人口座を開設するのが良いでしょう。なければならないというわけではありませんが、ないと不便です。払込に用いた金融機関に法人口座を持たなければならいというわけではありませんが、長い付き合いをするのですから、やはりその金融機関を用いたほうが良いでしょうし、利便性も高くなるでしょう。個人で口座を開設しようと思ったときには、身分証明書を提示すれば簡単に手続きができますが、法人の場合にはそれほど簡単ではありません。怪しい業者と見なされれば口座開設ができなくなることもありますから、報じ設立の手続きを行う前に、金融機関に相談しておくのも良い方法だと考えられます。

Copyright(c) 2014 法人設立は簡単に設立できますAll Rights Reserved.