banner

発起人の重要性

会社法人設立の段取り全般を行うのが発起人

会社法人というものは自然に出来上がるものではなく、誰かがそれを作ろうとしなければ出現するものではありません。

この、会社を作ろうと発案して、実際に法人設立して会社となるまでの段取りをする人、つまり、平たく言ってしまえば、会社を作るプロデューサー、制作者とも言える存在が発起人というものなのです。

また、この会社作りのプロデューサーは一人でなければならない、ということはなくて、複数の人が共同して行ってもいいわけなので、そうした場合には、いわば共同プロデューサーというような形となって、複数の発起人が定款に名を連ねるということになるわけです。

元来が、株式会社というものは、そもそもが他人にお金を出してもらって設立するという性格のものなので、この会社プロデューサーとその資本を出す出資者とは別々、というのが基本なのです。

とはいえ、会社そのものを作った責任がある以上、この会社プロデューサーである発起人も、必ず一株以上は出資しなければならないと決められているわけなのですが、出資の主体となるのは、外部の出資者ということなのです。

このために、法人設立して株式会社を作る際には、外部から多くの出資者を募って資本を出してもらうということになるわけで、こうした会社法人設立の方式を募集設立と言っているわけです。

その資本を出してもらった出資者には、会社からその出資額に応じて株式が発行されることになるので、出資者すなわち株主、ということになるのです。

このように、多くの人に出資してもらうことによって、大きな資本を集めることができることになるわけですから、大規模な事業を起すために会社法人設立を行う場合には、この方式が適しているのですが、この場合の設立手続きがかなり煩雑なものになることは、否めないことになります。

しかし、小規模な会社法人設立であるような場合には、発起設立と言って、その会社プロデューサーたちだけが自前の資金だけで出資して、法人設立してしまう場合が多いのです。

というのも、この発起設立の方が設立手続きが簡単なので、必要な資本金が小額で済んでしまう小規模な会社法人設立である場合には、手続きの手間がかかる募集設立は行わずに、この発起設立で行ってしまうという場合がほとんどなのです。

元々は、株式会社というものは、大規模な事業を行うための会社システムとして作られたものだったので、外部から幅広く資金を集めて設立するというのが基本だったのですが(募集設立)、実際には小規模な株式会社が多数、出現することになってしまったので、その数から言えば、発起人のみの出資による発起設立である場合の方が大半、ということになっているのです。

 

Copyright(c) 2014 法人設立は簡単に設立できますAll Rights Reserved.