banner

法人設立の定款

法人設立は定款を法務局に承認されてできる

法人設立というのは定款という会社の規則を書いた書類が法務局に承認されることでできます。ですから、定款をつくり、法務局に承認をしてもらうまでが法人設立の手続きとなるということになります。

この定款というのは、会社の規則について書いた書類です。会社の名前や住所、資本金や決算日といったようなことを書くのですが、この書類をいちから書くのはかなり手間もかかりますので、雛形といわれる元データとなるものが今ではネット上で簡単に入手をすることができますので、その雛形から自分が設立しようとする法人の形と同じようなものを選んできて、違うところを修正するといったことがよいでしょう。そうすれば、書式なども学ぶこともできます。この書類の作成時には会社の印鑑も必要になりますので、用意しておく必要があります。資本金についてもいくらの資本金にするかを決める必要があります。今は資本金は一円からでも法人設立ができます。資本金の額は金融機関からの借り入れなどのときの信用につながるものです。借り入れなどの予定がなく、特に信用を必要としないのであれば、少額でも問題はありません。今はネットショップなども無料で開業できますから、資本金が高くないと事業が出来ないということはありません。

そして、出来た書類をまずは公証役場に承認してもらいます。ここでは、書類が公の文書であることを承認してもらうわけです。ここでは書類の不備といったようなものも指摘してもらえます。法務局に提出するまえにこちらのチェックでほとんど見てもらえますので、ここで指摘されたことを修正すればいいでしょう。

これらの手続きが面倒であったり、手間がかかると思う場合には会社設立代行サービスにこれら一連の手続きをやってもらうといった方法もあります。サービス内容によっては手続きの一切をしてくれるところもあるでしょう。サービスを利用すれば簡単な質問にこたえるだけで、簡単に法人設立ができてしまいます。一度しか法人設立をする予定がないのであれば、こういったサービスを検討するのもいいかもしれません。

最後に法務局に定款を提出して承認されれば、それで法人設立の手続きは終了です。ただ、この後、税務署にいって税務関係の書類を作成すること、社会保険庁にいって、健康保険と雇用保険の社会保険関係の書類を作成する必要があります。そして、役所に法人設立の届けを出して一連の手続きは終了です。

 

Copyright(c) 2014 法人設立は簡単に設立できますAll Rights Reserved.