banner

プレリリースを考える

プレスリリースも考えて法人設立をしよう

法人設立をするときには公告が必要となります。公告の種類は3つあって、一つは官報に掲載をすることで、もう一つは日刊新聞に掲載することで、最後の一つがインターネットを利用することです。この3つの方法から一つを選ばなければなりません。では、どれが良いのでしょうか。もちろんですが、それぞれメリットとデメリットとがありますから、それらを把握して選ぶ事が必要となってきます。自社にとってもっとも適したものがどの広告の方法なのかを把握することは必要となってくるでしょう。

インターネットで公告をすればコストを抑えられるように思われがちですが、実は法人設立のときにはそうではありません。インターネットを使って公告をする際には、その情報が正しく公開されているかどうかを調査してもらう事が必要となります。インターネット上の情報は改ざんされることもありますから、正しく公開されているのかどうかを調査してもらわなければならないとされています。そのためのコストがかかるために、有利ではないのです。

ただ、企業にとってはウェブサイトは必要なものとなりつつあると言えるでしょう。プレスリリースのためにインターネットを活用すると言うことも珍しいことではなくなってきています。ですから、インターネットで広告をした方が良いと考える人もいるでしょう。もちろんですが、経営方針によって決めれば良いのですが、費用面で考えれば法人設立をしたときには漢方を用い、そしてその後の公告はウェブサイト上で行うのがもっとも安いでしょう。

株式会社の場合には、毎年決算公告をしなければなりませんから、ウェブサイトを準備しておくメリットは大きいでしょう。毎年の決算公告はインターネット上で行っても、公告自身には費用はかかりません。ですから、毎年しなければならない決算公告はWebサイトに掲載をするというのが良いと考えられます。

合同会社の場合には、決算公告をする必要はありませんから、ウェブサイトを持っていても持っていなくても手続き上はどちらでも良いです。プレスリリースのためにウェブサイトを持っておくというのは良い方法だとは考えられます。法人設立の公告をインターネットで行うことはできますが、この場合にはコストが大きくなると言う点にも注意しておきましょう。ウェブサイトにアクセスを集めるための費用としては、少し高すぎると考えられます。この場合にも、公告をするのは漢方を利用したほうが良いと考えられるのです。

Copyright(c) 2014 法人設立は簡単に設立できますAll Rights Reserved.